てのひらを、かえして

知的怠惰の集積地よりお送りする、手斧と料理のふんわりブログ。

ポケカ始めターリ、料理使い回しターリ。

今夜の献立と使い回しの創造性

昨日の豚コマと春キャベツの炒めものが余ったのでこれを味噌出汁少な目で春キャベツの豚汁にリメイク。筑前煮はまだあるのでそれで1品。サラダの残りにトマトときゅうりを足して一品、余ったら酢漬けにしよう。これにちょっとお店で肉でも追加して焼けば献立の目鼻は立つだろう。


ちなみに昨日の味噌汁はこれを試したが確かに美味かった。うまみもだけど風味がまたいいのよね。

使いまわしはインスピレーションが大事な、創造的行為である。なんならSDGsですらある。ポトフ余りからのカレーとか肉じゃが余りからのカレーとか。キムチとカレーは偉大だ、たいていの食べ物をマスキングしてくれる。たたえよ多様なる食文化を。

ポケカ始めました。

子供がせがむのでポケモンカードに手を出すことになってしまった。まずはおもちゃ屋で売っているチュートリアルセットを購入して毎晩一戦ずつ戦っている。

チュートリアル用に入っているデッキだけあってよく調整されていて、強力なポケモンは一積みなのだが、場に出しやすいようにドローソースとサーチカードが大量に採用されている。おかげで毎回ドラマチックな対戦になる。大会に出ようとする場合には現状からドローソースを絞って対応できる行動の幅を増やすことになるのかな。

今のところはパパの連戦連勝負けなしなのに毎日楽しそうにくらいついてくるところ、遊びの才能があるなあとわが子ながら思う。完成形を目指しすぎて技が重いポケモンにばかりリソースを回しており、中盤に戦線が崩れ始めて仕方なく準備できてない進化ポケモン出して行動できないままにダメージを負ってうまく活躍できない、そういうプレイングの傾向が見えてきたのでそこはおいおい指摘していく。

先輩カードゲーマーとして

それよりもカードの扱い方、シャッフルのやり方、相手への意思表示や宣言のやり方、マナー面に関してを指導していきたい。対戦相手は自分と同じ人間であること、楽しいカードゲームでもプレイによっては相手に不快感を与えること、相手にとってはこちらも不正を疑われる立場であるので、公正な振る舞いとはどういうものであるか。そういった点を伝えておきたい。パパは公式大会で入賞するような強いプレイヤーではなかったけれども、数々の揉め事もあったけれども。今は疎遠でも、TCGでいっぱいの友達に恵まれたから。

ちなみに下の子は開始直後でちょっとでも不利そうな兆候があると「もうだめだ~」と投げ出すのでそこから指導が必要な模様。

日記240408 老いたる俺の血圧の値

土曜の泌尿器科受診からこのかた、自分が高血圧であることを認める作業に腐心している。これまでの愚行を悔いると言うよりはついに来た老いの兆候に面食らっている方だ。今までは目をそらしていた。老眼も出てきてガンプラ作るのも手間だったし、尿酸値が高くて肘にこぶができたり、男性更年期障害もそうだ。数年前からちょっと高いなーという数値だったが、ことここに及んで医者から毎日数値をとるようにと言われて測定の器械を購入し、いざ測ってみたらちょっと無視する訳に行かない数値だったのでこれからの生活改善と標準医療への受診を決めた。

認めようじゃないか、おれは何者にもなれないままに老いて、高血圧のおじさんになったぞ。

なぜ数年前から数値が高いのがわかっていたかというと、それは趣味の献血の賜物である。毎回毎回の献血の度に、少しずつ値が高くなっているのは知っていたけど認めたくはなかった。若さ故の過ちより自分の老いの方が認めたくないぞ。シャアよ。

認めたくないと言えば食生活についてもだ。自分としては魚を欠かさず味薄目野菜多めで健康的であると自負していたんだけど思い返してみたら鶏豚がメインとはいえ肉野菜炒めや揚げ物の頻度はかなり高いし、なんだかんだと中食を多用してしまっている。子供たちには動物性タンパク質は必要なので仕方ないにしても自衛は必要となろう。まずは晩の白飯を減らして冷凍ブロッコリーに置き換えてみるか。一人だったら毎日鍋でもいいんだが。

成熟する前に前に老いてしまったなあ。なんだかなあ。

ラ王豚骨醤油味でつくるモツ鍋

思い付いたんだから仕方ない


目次

ラ王 豚骨醤油味


これでモツ鍋作ったらうまいと思ってしまったんだ。

材料

牛ホルモン 100g
キャベツ 葉4〜5枚
ニンニクチューブ50mm
めんつゆ(2倍希釈)大さじ1
豆腐 3パック¥100くらいの小さいヤツ1パック
水300ml
ラ王 豚骨醤油味 1パック

作り方

キャベツの葉を50mm角に切って半分を鍋に敷き詰め、8等分した豆腐を真ん中に置いて周囲にホルモンを撒き散らし、ラ王のスープを絞り出してニンニクチューブを入れ、水をかけたら残り半分のキャベツを載せ、火にかける。中火で沸騰してキャベツがクタクタになるまで煮たら完成。

完成

これや。

感想

うまい。豚骨醤油スープのパワーがあるのでホルモンは別に下茹でとかしなくてもそんな臭くない。ホルモンからでた脂をキャベツが吸い込んで半透明でテラテラになってうまい。

お好みでニラ、もやし、牛蒡、鷹の爪を足してよし。今回は思いついて即やったのでそこら辺は準備しきれなかった。

肉系として水餃子足してもうまいと思う。

百年橋通りから一本裏の店で

昔博多の百年橋通り近くに豚骨スープの水餃子出してくれる店があって度々宴会をやってたんだけどトッピングでモツを足すのがあって、あれが美味しかったんだよね。懐かしいな。

シメ

ちなみにシメはもちろんラーメンなのだが、別に茹でないと火が通りにくいので気をつけて。

日記240326 ドンキと業スーのマリアージュ・アジフライ

久々にきちんと自炊できそうな時間に帰宅できたので揚げ物をやった。先日から定番になりつつある鶏ムネ肉の唐揚げとアジフライだ。このアジフライが特に家族には好評で、とてもおいしい、カリカリしててうまい、こんなおいしく作るなんてすごい、と絶賛されたのだがごめんなさい、それは業務スーパーで買ってきた冷凍8枚入り¥350くらいのやつです。
昨日から揚げ油をこめ油に換えたのも要因としてはあるんですけど、揚げたての揚げ物はうまいんですよ何もしなくても。

揚げ物を日常的にするようになって、これまではサラダ油で、それも1本¥300しないような安いのを探しては購入していたのです。ところが先日ドンキ行ったら、こめ油が¥500切ってたので買ってきました。家族よ、君たちがおいしいと思ったのはドンキホーテ業務スーパーのマリアージュです。

だいたいね、アジフライなんて魚買ってきてそれを捌いて揚げてってだけではおいしくならないんですよ。
頭をとって、開いて中骨をとって、アジなんだからゼイゴもとらなきゃいけないし、腹骨もすかないといけないし、身の真ん中にある小骨もとらないといけないんです。ここまでやらないと舌にさわっておいしくないんですよ。そういう手間をなしに食べられるのは冷凍食品を揚げたからなんです。なにが超加工食品だ。大量生産大量加工万歳。

先日みてた「美味しんぼ」の天ぷら屋二代目の回、ぬか漬けにこだわろうって言っててナスの発色がよくなるように釘を入れる、うんそれはそうなんだけどふだんから目の敵にしてる「食品添加物」そのものじゃねえか、という気持ちになった。

鶏胸肉の唐揚げは一パック¥350で二枚入ってました。一枚目を食べ終わってまだ足りないのでおかわりを要求されても大丈夫です。何せ安い。鶏モモだったらこうはいかない。追加でもう一枚揚げました。子供なんてタンパク質はいくら食べさせてもいいですからね。

薄切りにして表面積を大きくして揚げることで、カリっとした食感の部分の割合をできるだけ大きくします。これによってパサパサしがちな鶏ムネ肉でもおいしく食べることができます。また、薄切りにしたことで必要な揚げ時間を少なくすませ、その分まだ身はジューシーなままですので時短とおいしさ、コストパフォーマンスの良さを実現していると自負しております。

このとき四合ご飯炊いたはずなんよな。何でもう朝飯食べ終わった時点で炊飯器カラになってんだ?

日記240324 日曜の夕食、筑前煮で酒を飲む

肉巻き野菜

子供たちが野菜を食べないので苦肉の策だ。
ここ数日外食や中食が続いて食事が荒れがちだったので野菜を多めに食べさせたい。
まあ子供というのは野菜を食べないものだし、好物だって食べる日と食べない日があって、「おそなえもの」というのはよく言ったものだと思う。
そんな中でもハンバーグとこれはまあまあ食いつきがいい。ハンバーグほどではないが手間がかかるのが難点だ。買って帰ってきて即出すという訳に行かない。
そういえば上の子が三歳くらいのころは本当に野菜を食べず、そのせいでものすごい便秘になっていた。だから毎週のようにハンバーグを作っていたし、食物繊維の足しにならないかと朝ご飯のおにぎりにワカメ入れていたのだった。

豚バラで巻くと言えば肉巻き豆腐もあるしおいしいのだがそういえばここ10年作ってねえな。野菜じゃねえしな。

筑前

若い頃は煮物なんて対してありがたみもないと思っていた。根菜を効率よく摂取するための料理であって、動物性タンパク質に乏しいので酒のつまみにもならない、と。

ある時何だったかの時代小説で、田舎で悪党が逃げ込んだのを里の者を集めて山狩りする際にまず酒と煮染めとおにぎりを振る舞って味方に付けるというような描写があって、「お酒に煮染めはないでしょ」と思っていたのだ。しかしながら考えてみたら江戸時代の内陸、それも農村では海の幸は望めないし、一応は禽獣の類を口にはしないだろうから、せめてアテになりそうなのは煮染めくらいしかないのだ。たしか佐藤雅美先生の侠客ものか八州廻りの話だったはず。

いまやすっかり煮染めで日本酒がいけるようになってしまった。味の染みたレンコンのこの歯触り、ゴボウをかみしめたとき、染み出してくるこの風味。辛口の日本酒に実に合う。うまい。

今日の筑前煮はとくに好評で数日分の常備菜と思って用意していたがあれよあれよとお代わりされて結局椀に一杯くらいしか残らなかった。よいよい、また週末に作ろうと思う。冷やす工程が入るのでいかんせん平日にこさえるのは時間が足りない。

ちなみに何とは言わないがモリモリ出た。

有料機能試してみる。料理レシピ置いてますが本当によくあるレシピなので価値はありません。

この続きを読むには
購入して全文を読む

日記240319 先週の有り様とラーメン。

こないだ読んだ増田について思ったことがあったので書いていたけどうまく行かないのでとりあえず日記を書いておく。

先週末にちょっとした会食の機会があっていつもよりおいしいご飯に与ることができた。日頃の食事や晩酌ではどうしても割引品に手が伸びてしまうが、鮮度もモノもよい素材で作った料理はうまい。

そろそろ仕事が出張ラッシュになる季節なのだがいつのまにか宿泊の予約を入れられているのには驚いた。

先週は忙しくて残業が続いた、とはいえ昔のように日付をまたぐようなことはなくなったけれども、それでも家事育児業の傍らだとなかなか辛いモノがある。家事と育児の隙間に寝ているような感覚になるとつらい。そのせいか週末ついつい酒を過ごしてしまい、次の日の胃の調子が壊滅的であった。もう若くないことを思い知らされる。昼にせっかく食べにいけるからとラーメンではなくチャーシュー麺にしたのはなお悪かった。そこの店はまあまあ油のきついチャーシューが何枚も入っているので2枚目で後悔した。素のラーメンにしておけばよかった。会計をしてくれた店員さんからしたら、何かをこらえながら苦しそうにお金を払う客はさだめし奇妙に見えたことだろう。ここのラーメンはほんとにおいしいんだ。申し訳ない。

ラーメンと言えば最近お気に入りのラーメン屋が閉店してしまって辛い。しばらく前から定期的に通っていたのだが数回長期の休業も挟んでいたのでおそらくは体調の問題だったのだろうと思う。

できたら家系のちゃんとしたチェーン店が地元にもきてくれないか。昨年の出張の際、ホテルのすぐ近くに家系のチェーン店があって、仕事を終えて寝に戻ると考える気力もないのでいけないとわかりつつもついつい多用していた。よく言われる「カタメコイメオオメ」よりも柔らかめふつう多めが好きだ。あの味の濃いスープにあの太麺だと柔らかめの方がスープをよく受け止めてくれる。味は店によるが、油は多めでスープを冷やさないように蓋をしていてほしい。ラーメンはぬるくてはいけない。夏場でもバチバチに熱いのが食べたい。

ルーチンワークとしての水筒と切り替えどき

目次

ルーチンとしての水筒ワーク

毎晩毎晩水筒を分解して洗う。本体とカップと注ぎ口、パッキンに分けてそれぞれを洗い、乾いた布巾で水分をふき取って食器乾燥かごに並べる。茶渋がついてきたなと思えば、小さいブラシで隅をこすって落とす。それを二人分はめちゃくちゃめんどい。いやめんどいのは今食洗機が過酷な労働環境に耐えかねて体調不良になり里帰りしているからなのだが。具体的には食洗機の排水まわりでトラブルがあって動かなくなった。食洗機があっても毎日の分解組立が面倒なことには変わりがない。そう、朝起き抜けの組立もしんどさがある。基本寝起きはいい方なので寝ぼけてぼーっとしているということはないが、それでも起き抜けに組立作業はちょっとしんどい。だからイヤだ。

最近の朝ルーチン

だいぶ春めいてきたけれども屋外で日陰だったりするとまだまだ寒いのでホットの麦茶を持たせている。台所にはいってまず電気ポットに水を満たして沸騰させ、その間に麦茶ポットにパックを落としておく。ソーセージと玉子を冷蔵庫からとってフライパンを火にかけ、ソーセージを焼いて、悲鳴を上げはじめたら間に黄身が割り込むように玉子を割り入れる。蓋をして火を消して子供たちが起きてくればだいたいちょうどいい焼き加減だ。そうこうしているあいだにだいたいいい感じに麦茶に色が付くのでやけどしない温度か、さわって確認してそれぞれの水筒に注ぐ。

湯で出すか水で出すか

季節が季節なのでそろそろ水出しに切り替える。前日からポットに水道水と入れて置いておくだけなので朝からのルーチンがほんの少し減って楽になる。以前は前日にお湯で出してあら熱をとって冷蔵庫にインの手順をとっていたのだが、水道水で水出しの方がカルキが残っていて菌の発生が抑えられると聞いてからそうしている。決して手間が減るからではない、武士の情けだ、そういうことにしておいてくれ。

ちなみに鶴瓶のやつ

この切り替えのタイミングが難しく、そんなに暑くもない日に冷蔵庫で冷えた麦茶を持たせると、とたんに飲みが悪くなる。
余った麦茶は何かに再利用するわけにいかないのでそのまま流して捨てるのだがこのSDGsの世の中の流れを感じているともったいないなあの罪悪感がいや増すので気温の読みをはずしたくはない。
週間の気温推移を調べてそろそろかなあと算段しているが、これを書きながら親自身は白湯を飲んでいる。


麦茶のイメージカラー