てのひらを、かえして

知的怠惰の集積地よりお送りする、手斧と料理のふんわりブログ。

肩たたき券よりも、水筒洗い券がほしい。

食洗機が導入された今、食器洗いなどものの数ではない。というかもともとそう嫌いな家事ではない。無心で手を動かしていればいつかは終わるのがわかっているし、目に見えて洗い終わった食器が積み重なるのが精神的な報酬として機能している。

水筒の毎日の準備こそが、今一番やりたくない家事のトップである。

単純に手順が多い。
カバー外す、カップ外す、注ぎ口外す、パッキンを
バラす。洗い始める前でこれだ、飽き飽きする。カップ・パッキン・注ぎ口は食洗機にお任せしているが、パッキンが流れていかないように小さいざるも買っている。

水筒という奴は形状も厄介だ。ブラシを使わないと中までしっかり洗えないし、洗った後内部をすすぐのになかなか洗剤が落ちきらない。麦茶なのだからそう言うものだとはわかっていても、毎回注ぐ度に泡が立つのをすすぎ残しによるものではないかと疑っている。

麦茶と言えば別口に麦茶の準備とその容器の洗浄まで必要なのも閉口する。蓋あけて麦茶パック捨てて、水筒と同じくボトルの中まで洗わねばならない。こっちは手が入るタイプのボトルにしているからまだマシ。考えてみれば俺がまだ子供の頃はパックではなくてカップで計量してヤカンで煮出し、麦を漉して瓶に詰めていた記憶がある。そのころから比べたらパックがあって水出しでいいという長足の進歩だ。サンキュー鶴瓶フォーエバ鶴瓶

洗い終わって乾かしても今度は朝にこれをもう一回組み立てて麦茶を注ぎ、カバーを掛けて渡さねばならないのである。朝は忙しいしそれ以外にもやることがあるのにこの組立作業が脳のリソースを食っている気がする、だいたい箸の準備を忘れて出かける前にあわてることになる。

ここまでやって最終的にこの麦茶が全く手も着けられずに戻ってくることもある。気温だとか授業の内容にも寄るので誰かのせいにしても始まらない。また次の麦茶ループに挑まねばならないのだ。俺と麦茶のエンドレスバトル。せめてもの救いは鶴瓶の麦茶はパックあたりで考えるととてもお安いので多少無駄にしても俺の懐はそう痛まない。サンキュー鶴瓶フォーエバ鶴瓶

つまりだな、うだるような暑さの夏の昼下がりに薄暗い畳の部屋で麦茶ックスというシチュエーションはとてもいいものだが、行為に没頭するうちに溶けていってしまった氷もぬるくなったその麦茶も誰かが用意しているということを忘れないで飲みたい。家族に、乾杯。

味噌汁は沸騰させるとうまい。

前々から思っていたんだが、味噌汁って沸騰した方がうまくないか?

先週の金曜日だったか、とりあえず晩ご飯を家族に出して、それから自分のをよそおうとした拍子に何らかの用事に意識が向いて、しばらくしたら部屋中に味噌のいい匂いが漂っていてやらかしたことに気がついた。味噌汁を沸騰させてしまっていたのである。

味噌汁を沸騰させることは悪であると料理をする人はみんな言う。家庭科の教科書にも書いてあるし、料理番組でもそう言うし、インターネットで検索したらあちらこちらのサイトが口を揃えて言うんだ。「味噌汁を沸騰させてはならない」と。土井先生はどうかな? もしかしたら「それでもええんです」って言ってくれるかもしれない。

正直に白状すると俺は沸騰して煮詰まってギュッとした味になるのが好きだ。単純にうまいと思う。もともとアチアチで味噌汁を飲みたい質で、家族の分はともかく自分用は一回煮えばなまで温めて注ぐことにしている。そのまま味噌を溶いただけの味はちょっとソリッドな味噌の味がくるが、沸騰してすこし煮詰まった味噌汁には旨みと甘みを倍くらい感じる。のどの奥にこっくりとした旨みが通過していくのがたまらない。

また、煮詰まったことで少しだけとろみが生じているのもいい。味噌の風味が沸騰すると飛ぶと言うが、煮詰まった味噌汁からはとってもいい匂いがする。特にジャガイモとかサツマイモを煮たときは煮詰めた方が絶対にうまい。あと大根。根菜系は全部こっちの方がおいしくなる。そういや実家の豚汁は沸騰していた気がする。

だいたい火が通った味噌がおいしくないわけがないのだ。おにぎりに味噌塗って作る焼おにぎりだってちょっと焦げてるのが香ばしくてうまいし、土手鍋だって平気で沸騰させるし、鯖の味噌煮だって沸騰させるじゃないか。

家族はふつうの味噌汁を好むからこれからもそうやって作るけど、最後に自分の分は沸騰させてから飲もうと思う。おれは孤独な味噌汁レジスタンスだ。

久々サイクリング 240607日記

いろいろあって3連休をいただいてしまったのだが久々にお休みらしいお休みだったのは最初の金曜日だけで後は諸々の事情によってあまりお休みらしいお休みとはならなかった。家族の用事とその送り迎えとおさんどんで手一杯だ。

ロードバイクでサイクリングコースを走りにいく。サイクリングコースまでも距離があるので結局20kmほどの道のりとなった。ロード乗る人にとっちゃあ20kmなんて大した距離ではないのだが、何事も継続が大事。久々のサイクリングなのでその辺で止めといた。ふつうに体の限界が来た。

ここのサイクリングコースは松の防風林を通り抜けていくので夏場でも涼しい。そこに行くまでが暑いが。一応順路らしきものは市の方で設定されている様子ではあるが、途中明らかに家々が立ち並ぶ生活道路を通過する羽目になるのだ。なに考えて設定したのか一回市の担当者に問い合わせたくなる。

帰りは別のルートを通ったら、途中にとても舗装がよく車通りのない道路があったので思いっきり漕いでスピードを出してきた。調子に乗ってはいけない。すぐに左足の中指がつった。

ロードバイクに乗るのに道路の舗装状況の影響はでかい。ケツの様子だってそうだが、実際にルートをはずれたりスリップして転倒したりのリスク煮直結してくる。小石が散らばっていたり轍でアスファルトが変に持ち上がっていたりそもそも舗装が割れて穴ぼこになっていたりしたら本当に怖い。後ろから車両が迫っているときなどはなおさらだ。

だから思いっきり走れる舗装状況のいいルートを知っておくことが大事だ。まあ、ほかのロードバイク乗りの人と話したことなんてないから世間では違うのかもしれないけど。

それでいくと件のサイクリングコースだって整備されてから何年も経っているのでコースが松の根でバキバキにひび割れているのが怖い。まがりなりにも市の看板を設置しているのだから何とかしてほしい。

今住んでいる町からサイクリングに出かけようとすると背後に山が迫る地形上なかなかそちらには出かけづらくさりとて反対側に行こうとするとでかい川があってそれを越えるには急勾配を行くか交通量が多い狭隘な道をとるかその組み合わせみたいな道を通るかで悩まされる。これがなければもっと気楽に走りにいけるんだけどな。

日記240605 土鍋炊き込みご飯はうまい。

写真を撮っておけばよかったのだけれども。

晩ご飯に筑前煮と炊き込みご飯が食べたいとのリクエストが配偶者からあったので作った。

筑前煮も炊き込みご飯も材料が被るので楽ではある反面、栄養的にはいいのかなと考えなくもない。まあニンジンは入ってるし鶏肉でタンパク質はあるしいいのか。いいよな。ニンジンは完全食品なので。

問題としては朝炊きあがったばかりのご飯があるので炊飯器が空いておらず、このままでは作れない。だからやるかあれを、ということで土鍋を引っ張り出した。
土鍋炊飯は身につけておきたいスキルの一つだったので少し前から少量炊飯が必要な際に行っている。

災害時の備えとしてできるようになっておきたい。経験上災害時に一番最後まで生き残っているのはガスだ。ガスがこないような災害時には家でのんびり炊飯している場合ではない。

土鍋ご飯のいいところは単純においしいことだ。ご飯がもっちりしていつもと違う旨みまであるような気がする。一時間浸水して水を抜いて調味液(といっても薄めためんつゆだ)と鶏肉、ゴボウ、レンコン、タケノコを入れる。シメジとエノキは冷凍して保存しているのがあるのでそれも入れる。ばらして冷凍保存したキノコはこう言うとき便利だ。味噌汁作るにもさくっと具材として追加できる。こないだ帰省したときに母親は余ったキノコを干して運用していたがあれもやってみたい。干し網を買わねば。干したキノコをごま油と醤油で炒めた奴がうまかった。

ほんとにここで写真撮っとけばよかったのよ。

最初水っぽく見えた表面も混ぜたら気にならなくなったし、ふっくらもっちりのご飯粒が味をすってうまいし、下には焦げができてるし。この焦げがほんのり載った姿は目にもおいしい。食べておいしい。

Wizardry外伝2の思い出。

無事にね、リリースされてみんな遊んでいるんで、俺は俺の思い出話を勝手にやっていこうと思う。
外伝3に行き詰っているときにショップで見かけたので購入して遊んでいた。多分外伝3攻略より先に攻略した。
舞台はおなじみのリルガミンから遠く東に離れたがまだ「サムライ」や「ニンジャ」の本家よりはだいぶ西の方。イメージ的にはインドの左隣。だからモンスターがアラビアンナイトからインド系怪物、最後には中華系神獣まで出てくる。

トリプルフロア

5Fに降りると表示される「トリプルフロア」のメッセージ。そうここは5F6F7Fを一つの大きなフロアとみなし、その中を縦横に駆け回っての探索を要求される。流砂(強制移動床)はなまじ見えるから流砂が終わったら! と流される間に気が急いてしまい、到着と同時に踏み出した先がピットだったりする。回転床もマップを開く必要があるのでデュマピックの回数を削ってくる。とにかくこちらの継戦能力と撤退の判断力を問われる。この三つのフロアを踏破した先に待つのが中ボス「サンドクラッド」と大量のヒュージセンティピードの群れだ。
確かこのサンドクラッドのリジェネレートとレベルの数値にバグがあり、リジェネレートで回復し続けることがない代わりにモンスターのレベルが上がり続ける。
詳しくは以下だ。
 
得物屋さんはいくらでも読んでいられるサイトなのでやばい。

8F

いくつもの玄室が配置され、その中央に泉やなんかのイベントがあるいかにも何かありそうなフロア。攻略には全く関係がない。真面目に攻略した分だけ時間を使わされる本当にいやらしい罠。エレベータで素通りが可能。

9F

エレベータを降りると、立ち並ぶ玄室の向こうに広がる大広間……もたしか無意味なフロアで、玄室の中に一つだけ10Fにつながる階段がある。ここに来ると格段に敵の強さが変わって、落ちるアイテムも格段に良いものになるので玄室を空けてはルームガーダーと戦ってPTを強化する場所に使っていた記憶がある。ここで落ちた焼き物のゆびわってのが高く売れた覚えがある。

10F

階段から降りてすぐに玉座。当初の目的の場所がここ。とはいえストーリーはここでは終わりではないので再度降りてくることになる。

墓室の玉座の後ろの壁が崩れてフロアが広がる。といっても、本来の広さに戻るだけだが。これまでのフロアと違ってかなり対称に整然と作られたフロアで、儀式とか敬意とかそういうものの存在を感じなくもない。そもそも玉座の後ろの壁をくぐるあたりでちょっと、やってはいけないことに手を染めたように感じたことを覚えている。そもそも外伝2は最初から墓暴きをやっているので今更なのだが、序盤はモンスターの対処で手一杯だし目的があるから平気で、当初の目的を果たした直後、右も左もわからぬ目的もよくわからない探索になるからそう感じたのだろう。

11F

墓所から1階下り、四方を司るボスを倒して封印を破る階。ボスが落とす彫像をそれぞれ五行相克になるように置かなければいけないことから、ここは何かを封印している階であり、本来ならその封印は解いてはいけないものでは? という疑念を生じさせてくる。演出がうまい。

黄泉

そのステージにおり立ったときに、インパクトを感じる箇所として魔界塔士Sa・Gaの16階や、世界樹の迷宮の遺都のことが並んで称されるが、ここだって負けていないと思う。封印を解き、古代のやばい何かを倒して封じられていた穴に飛び込んでたどり着いた先は一面真っ白な背景にワイヤーフレームで構成された世界で、「やべえ、ここはやべえ」と当時思ったものである。その予感にふさわしい魔界の王たちの歓待。死神、蠅の王、軍神、おなじみの風の王。彼らとの対決の前にはわざわざかっちょいいフレーバーテキストが入る。マイルフィックが一番オシャレさん。「かぜ の まじん の さきぶれ だった。」とか痺れる。彼らを退けた先には女帝との対決がマツ。

コミカライズが良い

外伝2のコミカライズがキャラクターデザインもやってる池上明子先生で、このコミカライズがいいの。侍は父と兄弟を裏切って殺した仇、ロードは悪落ちした親友を捜していよいよ最終階層へ。宝箱のワープでパーティが分裂、それぞれの邂逅と絶体絶命のピンチ。そこに盗賊がアイテムで召喚したモンスターが偶然「ヴァンパイアロード」灰と青春、風龍に出てきたおまえかーーー!
となるので最高です。ちょっと早足の内容なのでそこは残念なんだけど確かこないだのコミカライズ増田のブコメでも名前が挙がっていたので是非。今読める媒体があるか知らないけど。なかったわ。先に下巻だけ手に入れて数年後に上巻見つけたときはうれしかったなあ。

最強武器について。

個人的には特定組み合わせの種族と職業のみが使える最強武器一式には複雑なものを感じていた。強いし手に入ったときのうれしさはあるんだけど、当てはまらないPT使ってたらちっとも嬉しくないだろうし、実際初回のPTでは半分くらい当てはまらなかったはずだ。コルツ打ちまくってお祈りしながらモガトとラバディでなんとかならないこともないのでクリア自体はできるし。でも装備揃えたときの強さとヒロイックなかっこよさは否定できない。ぐぬぬ

オール27

外伝2特有のトピックとして「おーる27」がある。
外伝シリーズではアイテムコンプのご褒美に「てんせいのしょ」が手に入る。キャラに所持させてスペシャルパワーを解放することで、後の作品に転生させることができるパスワードが表示される。転生したキャラクターは称号と職業を持ち越して、初期の所持金がちょっと多い。という特典を得ることができる。いきなり上級職から始めることができるが上級職は要求EXPも大きいので特に序盤はしんどくなる。
で、だ。
外伝2には全職・全種族対応で全能力値27のキャラクターを転生してこれる一連のパスワードがあり、これを最初から使うと楽々(そんなに楽でもない)クリアできるのだ。ここまではたぶん攻略本とか裏技の本に載ってる。

が、この件にはまだ先がある。

このパスワードは名前を「おーる27」か「オール27」にする必要があるのだが、あるとき「この名前をひらがなカタカナ混じりにしたらどうなるだろう?」と思いついてやってみた。結果から言うと、まぜこぜの名前でとあるパスワードのキャラクターを転生させると力が55のニンジャ・種族「あく」・ぞくせい「  」のキャラクターが転生されてくる。めちゃくちゃ強い。(が、死ぬときは死ぬし全滅するときは全滅する)メモをなくしたので正確な手順は忘れた。たしかドワーフ・ニンジャ・悪だったはず。
ちなみに同様の手順で外伝3もやってみたが能力値はふつうだった。

ゲームとしてすっきりしていて遊びごたえもあり、それでいてダレないテンポの良さがあるのが外伝2で、個人的にゲームとしての出来は外伝3より断然外伝2だ。だけどもJRPGしすぎてない? ってところ、最終階層のボス前メッセージがカッコ良すぎるのや種族職専用武器の存在あたりは少し歯向かいたくなるがそれもまた外伝2の良さかもしれん。

日記240514 ビリヤニってなんだ。

外伝2の思い出も書いているので楽しみにしていてほしい

こないだの記事はホッテントリに載ったよりもブコメ欄でのみんなの思い出が聞けたのが何よりうれしかった。青空の方で毎日BCFのプレイ日記書いてる人ともつながれたし。
ここんとこ日記書いてて気になり始めたのがポメラDM30の「z」と「s」キーの効きが微妙に悪いときがあって、反応しないからと強く押すと今度は連打に化けて入力がそこで中断してしまい、気持ちよく日記が書けない問題が発生している。まだ死なないでくれポメラ。俺はもうちょっと君で何か文章を書いていたいんだ。ゴールデンウィークの帰省時に何か書くかもと持って行ったが結局なにも書かなかったね。

いまちょっとダウンな文章を書いたけど消した。ここで思い当たるのが意志が明らかに何かやり遂げることに向いているメンタルと言うか人格の人っているよね。うらやましい。今年の目標の一つに「ビリヤニを自作できるようになる」があるんだけどなにがどうなったらビリヤニなんだろうな。俺にはビリヤニがわからない。

ビリヤニってなんだ。

【追記あり】wiz復刻について、おれと外伝3の話。

もう単純にWizardryの狂王の試練場がSwitchにくるという報を聞いて書きたくなったから書いてるだけです。


おれとWiz

小学校のころに同級生から「滅茶苦茶おもしろいぞ」と教わったのがWizardryであった。担任もやってた。当初FC未所持だったが後にGBを入手、また、GBで外伝としてWizardryが展開しているのを知り、親にねだって確か小6の誕生日に買ってもらったのがWiz入門だった。外伝3である。今から思えばスタンダードなWizをすっ飛ばしてこの入り口というのは酷だ。

なぜ酷かというと、外伝3はWizの世界観が広がったシナリオ5あたりの時期に製作されていて種族とクラス、呪文体系の追加が一部なされている。入り口にするには微妙な位置だったのだ。

ここから先はネタバレになるが昔のゲームで今更ネタバレもないので書いていく。外伝3に関してはいろいろあってファンもいろいろ発言していてネットをちょっと漁ればわかることなので。

フィールドがある

フィールドがあること自体が改良点だとすら気づいてなかった。
城門前のフィールドを中心に墓地、寺院、商店街、洞窟などのダンジョンに挑戦し、ぶっちゃけて言うとすでに滅んだリルガミンを探索する内容で過去作プレイヤー向けの目配せがあちらこちらにバチバチしている。

Wiz外伝3を数年越しでクリアした話

このゲームを小学6年生から開始して、最終的にクリアしたのは確か高校生になってからだったので4~5年越しにクリアしたということになろう。もちろん間にいろんなゲームを挟んだ上のことであるが。最後にプレイした時にはパーティーメンバーのレベルは100を越えHPは3000を突破していた。その上で各自がなんらかの呪文体系を1つないし2つ極めている。一つの呪文体系を極め、つまり9レベルの全体攻撃呪文《ティルトウェイト》やパーティをダンジョン内の指定ポイントに転移させることができる《マロール》を覚えるのがだいたい13レベル、遅くても20レベルくらいであるのでどれだけ遊んだか知れようというものである。

いきなりクリアの話に飛ぶが、ボスを倒すだけではクリアではなく、一人欠けるメンバーでラスボスのアガン王を撃破して、アガン王の死体を回収、街への持ち帰りを行ってクリアとなる。

が、これは本来のクリアではない。王の死体は普通に埋葬されてしまってお情け程度の称号と報奨金がもらえるだけだ。しかし考えてほしい。もともとフルメンバーに欠ける編成を強要され、その状態で強敵との戦いを制し、傷ついた状態でその死体を回収しているのである。ここの死体回収のギミックに気づくまでに何回かアガン王を撃破しているはずだ。となれば撃破後のプレイヤーは周囲を探索しているし、すぐそこに街へと帰還できるワープゾーンがあることは知っているはずなのだ。なんという罠! 
話として後味が悪いのでおそらくアガン王を生き返らせる方法があるのだろうと分かっていたが。
数年後に寺院のボス、ダリアのメッセージに気づいて、アガン王撃破後に「ダンジョン:寺院」まで死体を運ぶこと、それが本来のエンディングの条件である。

行ったことがないマップがある。

というわけで、当時の自分は本来のED後に現れる「ドラゴンの洞窟」の存在は知らないが、なんとなく、出撃時のダンジョンアイコンに抜けがある点や、フィールド上に3マスしか踏み込めないマップがあり、その先では衛兵に追い返されることから、この先になんらかのダンジョンがあることには気づいていた。

しかしどうやって衛兵の目を潜り抜けるか。

どうやって行く? ランダムワープだ

最高位の魔法使い呪文に「マロール」という転移呪文がある。通常時は座標を指定してワープができる。では戦闘時に使うと? ランダムにワープするのだ。
そう、衛兵の手前のマスで方向転換をぐるぐると繰り返す。移動だけではなく方向転換時にもランダムエンカウントの判定が存在するので戦闘に突入→マロール使用でランダムワープを実施、無事未踏のエリアへと踏み出すことができたのである。

侵入はできたが1Fは全部ダークゾーンで何も見えない。見えないけどここまで来た奴はこのくらいではあきらめない。こまめなデュマピックで確認しながら探索を進めていく。手間はかかるが探索は不可能ではない。

また入れない場所がある? ランダムワープだ。

中央部に明らかには入れない領域があるが、同じフロアはすべて探索しきった。この領域の周囲には玄室がびっしりとあって入るとトレボーのサインがあったり「コントラデクストラアベニュー」というメッセージがあったりするが何も起こらない。完全に手詰まりだったが俺にはまだ最後の手段がある。

ランダムワープだ。

数回の試行で運よく内部に到達して最終階層、3Fへの道が開けた。
いまだにこの解法が正しかったのかはわからない。もしかしたら本来の入り方があったかもしれない。今となっては何もわからない。

ここまで意味ありげに書いてきたが、3Fは最強呪文ティルトウェイトが雑魚散らしの意味しか持たない世界というくらいでギミックは大したことがない。到達直後の戦力ではモガトとラバディが効くのを祈るしかない。

知ってるか? ミフネの上位モンスターはノブナガなんだぜ。

そのノブナガやアガレスなどの普通に出てくるモンスターで軽くHP1000超え、歴戦のプレイヤーには思い出深いあの装備を身にまとった騎士がHP3000だった。こいつを倒した後ろに祭壇があって、もはや往時の力はないというメッセージと共にお守りがもらえる。

ほかに記憶に残っていることと言えば、カニのモンスターがやたらと固いくせに魔法も効かずしかもクリティカル持ちでいやな印象が残っているのと、外伝3サブタイトルになってる「闇の聖典」こと「デビルブック」さんはストーリー上何のために出てきたのか、さっぱりわからない存在だった割に必要な作業が多く、特に戦闘するために必要な各ページのスペシャルパワー発動がしちめんどくさかったことを覚えている。どのページの発動が終わってて、どのページがまだなのかが分かりにくい。戦闘ではたしかモガト一発でぶっ飛ばしたはずである。

実際にはこの後にもう一回最初からやり直して本来のエンディングを拝んだのでこの冒険の時のメンバーはデータとしては残っていない。というかもうバックアップのバッテリーもなくなってるだろうから全部電子の海の藻屑と消えているのだろうけど。

書いてみると大したことはないが、それでもあの時やっていたのは冒険だったとおもう。

追記

id:timetrain 氏のコメント
種族と呪文が増えた外伝3はパーティ構成がきつく挫折した記憶。魔除けを33個集めた1が一番遊んだけど外伝2がそれに次ぐ。FC版3でテレポーター使ってパーティで第二エリアに突っ込んで遊んだことを思い出したわ。 - timetrain のブックマーク / はてなブックマーク

これで思い出したこと! 外伝3の問題点、マップに鍵開けしないと先に進めない扉がある。ここは「○○の鍵」とか固有のアイテムじゃなくて盗賊系クラスが直接鍵開けにチャレンジして成功しないと扉が開かない。盗賊・ニンジャ以外だと必要レベルが段違いで、レインジャーやバードで盗賊を代用してると全然先に進めなくなるの。そこで引っかかって中断してたんだよ!